水不足について①

水不足.jpg

最高気温の話から水道事情、水不足の話です。

スポンサーリンク




今年は猛暑になると先日書きましたが、更にまずいことには、首都圏の水がめといわれている利根川水系の8つのダム・・ほぼ全部群馬県・・の合計貯水率は39%(6/20現在)でこれは平年の半分以下だそうです。すでに10%の取水制限(給水制限とは違う)を実施しています。

取水制限なのでとりあえずは、家庭の水道が出にくくなることはまだありませんが、凄く気になりますよね。というのは私の仕事が飲食関連なので、水が出にくくなると機械が狂ってきたり、最悪は衛生管理に影響してきたりします。
 
なんでもこの時期のダム貯水量は1994年以来の少なさだそうです。ああっ、1994年か・・・何となく覚えています。新聞に昨日までの貯水量とか言って、各ダムの貯水量が表になって毎日掲載されていました。でもその年の首都圏は断水までには至らなかったんですよね、なんとか。たしか四国などはひどかったようですが。



でも、こういう時以外は日本人ってあまり、水道水のことって気にしないですよね。あまり・・って言うか全然ですよね? で、いろいろ調べてみました。


・日本では蛇口をひねっても水が出てこないということは殆どないが、外国ではよくある
・地球の水の98%は海水、淡水は2%。その淡水の大半は南極・北極の氷山か、ヒマラヤ等の雪や氷で動物が飲めるのは0.01%ほど
・世界的には水の使用量は確実に増加(人口増、途上国の工業化、森林破壊、地球温暖化etc)しており、明らかに水不足
・全世界人口の30%・17億人が水不足におかれている
・水不足による地域紛争も起きているか、起きそうである(チグリス・ユーフラテス川、インダス川、ナイル川、ガンジス川流域など)
・首都圏の水がめの主要8ダムは殆ど群馬県の山間部にあり、ここに雨が降らないと意味ない
・海水の淡水化計画等あるが超大規模な施設が必要でコストが膨大であり、現状局地的にしか導入できない


などなどです。飲める水は地球全体のわずか0.01%・・・・本当に水って大切です。こういうとき以外にも水は大切にしましょう。


スポンサーリンク




※利根川水系8ダムってよく言いますけど、東京都には実は隠し玉?があるんですよね。それが多摩湖、狭山湖、奥多摩湖です。特に奥多摩湖なんかは完成当時水道用としては世界最大のダムだったそうです。いざとなったらこれらを放水します。だからって東京都民は安心しないで下さい。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック