「消去法の選択」と言われるアメリカ大統領選



星条旗.jpg


私のようなド素人が今更ではありますが、急激に緊張度?面白さ?を増してきたアメリカ大統領選挙について、ちょっと記述・記録しておきたいと思います。


“ 米大統領選、トランプ氏支持率がクリントン氏を逆転=WP/ABC:Reuters”


『ワシントンポストとABCテレビが 11/1に発表した世論調査結果によると、共和党候補ドナルド・トランプ氏の支持率が46%、民主党候補ヒラリー・クリントン氏は45%と、一時は10ポイント以上離されていたトランプ氏がついに逆転した。



スポンサーリンク








上記のように最近支持率で Trump が Clinton を逆転したと言われるが・・・・


📝今までの世論調査には偽りがあって(偽りとまで言わなくても誘導的質問により)ClintonとTrumpの支持率はそもそも拮抗していたか、最初からTrump有利であったのだが、アメリカの大手マスコミはClinton支持派(CNNなどはClinton News Networkと陰口叩かれているほど)なので情報操作していた。それで選挙後の検証が入って世論調査結果がおかしかったのでは?と追求されると困るので、今頃になって大手マスコミは帳尻を合わせてきている。と指摘する専門家(藤井厳喜氏、木村太郎氏など)もいる。

📝アメリカのマイノリティ(黒人、ヒスパニック、アジア系など 人口の約40% )は固定電話や携帯電話を持っていない場合が多く、白人と比べ世論調査が著しく難しい。そこで少数しか取れなかったマイノリティのサンプルを×20、×30にして白人との比率を合わせてしまう。これは正規の統計値として認められている手法であるが、少数の意見が増幅されてしまう危険がある。

📝かつてない泥試合の大統領選なので、表だって支持を表明しないが、実はTrumpに投票する人 も必ずいると思われる。また普段投票に行かないが、今回はTrumpに投票するという人かなりいるのではないかと予想されている

何が言いたいかというと、余程の大差でない限り “ 全米規模の世論調査はあてにならない ” と言うこと。





america.jpg
アメリカの州




「アメリカ大統領選の仕組み、全体の流れ」

📝有権者が直接大統領候補者に投票するのではなく、「大統領選挙人」へ投票する。

📝「大統領選挙人」はどの大統領候補に投票するか予め決まって(義務としていない州もあるが、違反投票が選挙結果に影響した例はない)いる。

📝選挙人の合計は538人。過半数270人以上を獲得した候補者が大統領になる。

📝最も多いのはカリフォルニア州の55人、少ないのはモンタナ州・アラスカ州などの3人。

📝各州ごとに投票し 1%でも上回った候補がその州の「大統領選挙人」を総取りできる「勝者総勝ち取り方式」(メーン州とネブラスカ州を除く。この2州は得票数によって割り振りが変わる)



スポンサーリンク







よって大統領選で勝利するには・・・・

📝全体的に満遍なく勝つ必要がある。特定の州だけ強くても意味がない。

📝全米の支持率ではなく、州ごとの支持率が重要。僅かでも州ごとの支持率が上回っていれば有利である。

📝過去6回の大統領選で民主党が勝った州(ブルーステート:今回も民主党が勝つ可能性が高い州)は19州で選挙人数は242人。

📝過去6回の大統領選で共和党が勝った州(レッドステート:今回も共和党が勝つ可能性が高い州)は13州で選挙人数は102人。




Electoral_College_2012.svg.png
大統領選挙人数:wikipediaより




上記データから判断すると民主党候補(Clinton)はあと28人の選挙人を獲得すれば当選するという理屈にはなる(242+28=270人) 大きい州なら 1,2州で勝てば良い計算になる。近年、マイノリティ層の増加で白人層を支持母体としている共和党候補(Trump)が勝つ可能性は低くなっている。

📝激戦州(スイングステート)は主にフロリダ州(選挙人29人)、ペンシルベニア州(20人)、オハイオ州(18人)、ミシガン州(16人)、バージニア州(13人)、ノースカロライナ州(15人)、※東部が多い。

アメリカは巨大国家なので国内で時差があり、東から投票が始まって行き、州ごとの結果も順次判明していく。上記激戦州では東部の フロリダ州、ペンシルベニア州 あたりの結果で全体の予想がつくと思われる。
※しかし、東部の選挙結果が西部の有権者の投票行動に影響を及ぼす可能性が、今回は特に高いのでは?とも考えられ、そんな単純なことではないかも知れない。



スポンサーリンク








Trump Clinton.jpg



Clintonが勝っても、もし僅差ならばTrump側が選挙結果を疑う訴訟を起こし、アメリカは国家を二分した対立が激化し混迷を極める。と思われ、日本は益々独自外交・防衛が必要になるかも知れません。


※参考記事:“ 「トランプが逆転した」、というのは大きな誤解ーFBI発表で高まる懸念:Platnews




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック