【2016年 那覇基地航空祭 ③】初めての試み “プロジェクション・マッピング”


IMG_1423.JPG


前々回に記しましたように、この那覇基地(那覇空港)は民間機の離発着が非常に頻繁にあるので、他の基地航空祭に比べて自衛隊機の飛行展示が極端に少ないです。ブルーインパルスの飛行展示も基本5区分(編隊飛行のみ)なので、航空機のフライトを期待しますとガッカリするかも知れません。


2016那覇基地航空祭スケ.jpg
ご覧の通りフライトは非常に少ないです




スポンサーリンク







以上の状況から日程を2日間にしたり、地上のイベントを増やしたり、航空自衛隊初めてのナイトフライト&プロジェクション・マッピングをしたりして、趣向を凝らした のだと思われます。ただそれ故、自衛隊機と民間機のツーショットが簡単に撮れます。三沢、岩国など他にも民間と共同使用の基地はありますが、那覇は民間機の離発着数が桁違いに多いので容易にコラボ写真? が撮れます。またブルーインパルスが駐機している辺りは、他の航空祭ですと開門と同時に直ぐ場所取りされ人でいっぱいになりますが、ここは演技直前(フライトが2日間あることもありますが)まで空きがあります。各売店・屋台・トイレもそれ程並ばないで済みます。つまり全体として“のんびり”しているのです。



3A1A2410.JPG
ANAとT-4ブルーインパルス



3A1A2417.JPG
JALとT-4ブルーインパルス




スポンサーリンク







15時過ぎからブルーインパルスの演技です。ほぼ編隊飛行のみの5区分でかなり地味。本日はこれがメインではないので、まあ良いとしましょう。大体どこの航空祭もブルーインパルスが最後のプログラムで「以上で航空祭は終了」なのですが、本日はそのまま基地内に残り17時からブルーインパルス隊員のサイン会なんかがありました。

だんだんと辺りは暗くなっていき、いよいよ18時からの“F-15ナイトフライト&プロジェクション・マッピング”です。プロジェクション・マッピングの開始と終了に合わせてF-15がアフターバーナーを点火して離陸・航過して行くのですが、このプロジェクション・マッピングの出来が予想以上に素晴らしかったです。たった1回の上映でもう使わないのは、凄く勿体無いと思いました。









航空祭2日目はもう少しフライトがあるのですがほんの少しで、仕方ないのですが物足りなかったですね。以下に今回の「美ら島エアーフェスタ2016」の写真類を貼っておきます。ご覧下さい。それにしても今年の航空祭開催中の日中の日差しは、関東の真夏並みの強さでした・・(*_*)



スポンサーリンク















3A1A2368.JPG
F-2(第8 黒豹)は飛ばず



3A1A3105.JPG
飛行警戒監視群603 E-2C、航空祭当日も交代交代で飛び立って行きました



F-15ナイトフライト.jpg
アフターバーナーを点火して急上昇していくF-15J




3A1A2536.JPG








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック