ロックウェル(現ボーイング)B-1


3A1A5649 (2).JPG


先日の三沢基地航空祭にて今なにかと話題のB-1Bの実機を見てきたので、ここでB-1について少しまとめてみたいと思います。


スポンサーリンク






B-52 の後継機として1950年代後半から XB-70ヴァルキリー という高々度をマッハ3で飛ぶという戦略爆撃機が計画されましたが、膨大な開発費、試験飛行中の重大な事故、地対空ミサイル&迎撃機( MIG-25 など)の発達、ICBM・SLBMの発達による核戦略の見直し、等によりXB-70の開発は中止となりました。


North_American_XB-70_above_runway_ECN-792.jpg
XB-70、今観ても非常に先進的・未来的なデザイン



これの代替策として、XB-70とは逆の発想であるレーダーに映り難い超低空を、音速に近いスピードで電子妨害をかけながら爆撃する・・という亜音速低高度爆撃機研究が1960年代から始まり、その結果として生まれたのが B-1A(1974年初飛行)です。ところがカーター大統領によってB-1Aの量産化は中止となり、研究だけが続くこととなりました。1980年代に入ってレーガン大統領によってB-1計画が復活し、新たに生まれ変わったのが B-1B(1984年初飛行)となります。

戦略爆撃機とは敵領土・占領地後方の戦略目標(生産工場、発電所、軍事基地、司令部など)を破壊するための爆撃機で、航続力・爆弾搭載量・高々度高速飛行能力・低高度侵入能力等が求められます。B-1Bは大型機ですが戦闘機並の機動性を持っており、滞空時間が長いので近接航空支援機F-111の後継)としても使われます。


【ロックウェル(現ボーイング)B-1B】(wikipedia より抜粋)

⚽ 乗員:4名
⚽ 全長:44.81m
⚽ 全幅:41.67m(可変翼最大展開時)/23.84m(最後退時)※後退角 15°-67.5°
⚽ 全高:10.36m
⚽ エンジン:GE F101-GE-102 ターボファン 4基(推力14,060kg)×4

⚽ 爆弾搭載量:34.02t(機内)/26.76t(機外)
⚽ 最高速度:M1.25
⚽ 航続距離:11,978km


愛称はランサーですが、米軍内では B-1 ⇒ B-ONE ⇒ ボーン と呼ばれているそうです。
最近の新聞記事では「“死の白鳥”と呼ばれている」とか書いていますが、私の知識ではそんな呼ばれ方はされていなかったと思います。大体、B-1Bが白かったことは殆どありません。迷彩か黒一色です。B-1AとB-1Bの初期型が白かっただけです。


Rockwell_B-1A_1.jpg
B-1A、A型は白いイメージ




3A1A4351 (2).JPG
コールサインは “BONE” とあり




エンジン吸気口を可変式から固定式とし(その結果最高速度は Aがマッハ2.2⇒Bはマッハ1.25に低下する)ステルス素材を多く採用したことによって、本格的ステルス機ではないが、レーダー反射断面積はB-52の1/100、B-1Aと比べても1/10になっているそうです。


Rockwell_B-1A_4.jpg
B-1A(左)はインテーク内側が可変式で空気の流量を調整する、B(右)は固定式




3A1A4328.JPG
照準ポット、スナイパーXR





3A1A4356 (3).jpg
前脚後部にある搭乗員乗り入れ口ドア、中にハシゴが付いている



Rockwell_B-1B_4.jpg
上記ドアが開いてハシゴが降りた状態





3A1A4333.JPG
可変後退翼付け根部分




3A1A4360.JPG
前部爆弾倉、仕切り位置は変更可、外して前部爆弾倉の一体化も可能




3A1A4357.JPG
前部爆弾倉、機首方向から。爆弾の代わりに増槽も装着できるので、前方の白い筒は予備燃料タンクか?




IMG_1557.JPG
後部爆弾倉、回転式ランチャーが装着されている





上記、回転式ランチャーへの巡航ミサイル装着作業動画





スポンサーリンク








3A1A4370.JPG
後方監視用レーダードーム





3A1A4332.JPG
2輪2軸の主脚




3A1A4335.JPG
F-15と同じくエンジンノズルカバー(アイリス板)は外してある?





B-1B.2.jpg
2017年8月、F15J・F-35Bとの共同訓練




スポンサーリンク








3A1A5558.JPG
機首下部にあるフィン(ナマズの髭に見える ^^;)は乱気流を打ち消して低高度飛行を安定させる










この記事へのコメント